【ワインを飲むと治療薬にもなる】

皆さんおはようございます!

藤岡リナ鑑定事務所の岡田です。

昨日はとっても寒かったですね!

また月曜日は雨みたいですが、晴れの日が続くと気分が良くなりますね!

 

早速ですが、皆さんワインは治療薬になるってご存知ですか?

高級ディナーに行くとシャルドネ

                             ドンペリ

                              ムルソー

などが出てきます!

私は以前先生から「お酒が飲めないなら特大話をうまくするしかない」

と言われました!

 

話がつまらないので、始めにお酒の練習をしました。

最初にチャレンジしたのが梅酒‼︎

自家製のお酒を飲んでいました。

作る工程でわかったのが、結構砂糖を入れる

よくないな

私は普段ジュースなどは一切口にしません。

結構健康に気を使っています。

 

皆さんも糖分気にならないですか?

アイエチング医学などこれまでは酸化が注目されていました。

酸化とは・・・・サビ

体内の活性酸素によって細胞が傷つけられ、老朽化していきます。

酸素は生きていくうえで絶対に欠かせないものですが、取り入れた酸素のうち23%が活性酸素に変わり体に害を与えるそうです。

ただ最近では

酸化とほぼ同時に起き、酸化よりはるかに悪い影響を及ぼす事がわかったのが糖化

酸化体がサビ

糖化体がコゲ

糖化によって体内で大量に作られる悪玉物質がAGEという物質です。

 

そこで試したのがワイン

ワインの効果は世界最古とも言われる歴史を持ち、

11杯の赤ワインは寿命を延ばす」と言われています。

赤ワインには抗酸化作用の強いポリフェノールがたっぷり含まれています。

例えば、プロアントシアジン、レスベラトロール、ケルセチン、カテキンなど

 

白ワインだと

悪玉菌をやっつけて腸内環境を整える酒石酸やリンゴ酸などの有機酸をふんだんに含み大腸がんを予防します。

 

皆さん、毎日12杯ワインを飲む練習をしてみましょう!

既にワインを飲む習慣がある方はグラスを気をつけてみましょう!

毎日習慣的に飲むワインは、高価な物でなくていいですね!

高級なワインは大切な思い出の高級ディナーに飲みましょう!

グラスを気にかけるだけで安いワインも美味しく感じます。